読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんえ?なんえ?

記憶の片隅として利用

マスタリング TCP/IP 入門編 第4版

読み直して気になった点・思い出した点をピックアップ

  1. 1
    1. ネットーワーク基礎知識
      1. 1.2.8 すべての鍵を握るTCP/IP

コンピュータ利用形態の変遷

年代 内容
2000年代 インターネット技術中心の時代
1990年代 インターネット普及の時代
1980年代 コンピュータネットワークの時代
1970年代 コンピュータ間通信の時代
1960年代 タイムシェアリングシステムの時代
1950年代 バッチ処理の時代

 

  1. 1.7.2 ユニキャスト、マルチキャスト、ブロードキャスト

-ユニキャスト:11の通信 = 電話

-マルチキャスト:1対特定多数のグループ = ビデオ会議システム

-ブロードキャスト:同じデータリンク内のすべてのコンピュータ = テレビ放送

 

-伝送速度:2つの機器間を流れるデータの物理的な速さを伝送速度という。bpsで表される。

-スループット:実際にホスト間でやり取りされる伝送速度をスループットという。帯域だけではなく、ホストのCPU能力やネットワークの混雑度、パケット中にデータが占める割合(ヘッダを含めず、データだけで計算する)なども考慮した実行転送速度を意味する。

 

  1. 1.8.1 通信媒体とデータリンク

代表的なデータリンクの種類

データリンク名 主な用途 伝送速度 通信媒体
Ethernet LAN 10Mbps 同軸ケーブルツイストペアケーブル光ファイバケーブル
Fast Ethernet LAN 100Mbps ツイストペアケーブル光ファイバケーブル
Gigabit Ethernet LAN 1Gbps ツイストペアケーブル光ファイバケーブル
10Gigabit Ethernet LANMAN 10Gbps 光ファイバケーブル
FDDI LANMAN 100Mbps 光ファイバケーブルツイストペアケーブル
ATM LANMAN 25Mbps,155Mbps,622Mbps 光ファイバケーブルツイストペアケーブル
X.25 WAN 64kbps 程度 光ファイバケーブル
Frame Relay WAN 64k1.5Mbps 程度 ツイストペアケーブル光ファイバケーブル
ISDN WAN 64k1.5Mbps ツイストペアケーブル光ファイバケーブル

 

  1. 2
    1. TCP/IP基礎知識
      1. 2.1.3 TCP/IPの誕生
内容
1960年代後半 DoDによって通信技術に関する研究開発が開始される。
1969 ARPANETの誕生。パケット後半技術のは開発。
1972 ARPANETの成功。50ノード以上までに拡大。
1975 TCP/IPの誕生。
1982 TCP/IPの仕様決定。UNIXが提供され始める。このUNIXの中にはTPC/IPが実装されていた。
1983 ARPANETの正式手順がTCP/IPに決定。
1989年ごろ LAN上でのTCP/IP利用が急速に拡大。
1990年ごろ LAN,WANを問わず、TCP/IPが使われる方向に発展。
1995年ごろ インターネットの商用化が進み、プロバイダが数多く設立される。
1996 次世代IPIPv6の仕様が決定し、RFCに登録される。(1998年に修正される)

 

-RFCの入手方法:RFCのオリジナルは次のところから配布されている。

ftp://ftp.isi.edu/in-notes/

 

  1. 2.5.3 データリンクを流れるパケットの様子
    f:id:large_admin:20140623220539j:plain

 

  1. 3
    1. データリンク
      1. 3.1.1 MACアドレス
        f:id:large_admin:20140623220637j:plain 

-バス/リング型のネットワークでは、すべてのステーションが送信されてきたフレームをいったん受け取る。そして宛先MACアドレスを調べ、自分宛の場合には受信し、そうでない場合には破棄する。(トークンリング方式の場合は次のステーションへ転送する)

-コンテンション方式:CSMA方式

-CSMA方式を改良したCSMA/CD方式がイーサネットで採用されている。

-トークンパッシング方式:トークンと呼ばれるパケットで送信権を制御(トークンは巡回させる)

  1. イーサネットの種類と特徴

イーサネットには通信ケーブルや通信速度の異なる仕様が存在する。

10BASE-T "10" 10Mbps を意味し、"5" "T" などの文字は媒体の違いを意味します。

イーサネットの種類 ケーブルの最大長 最大ノード数 ケーブルの種類
10BESE2 185m 30 同軸ケーブル
10BESE5 500m 100 同軸ケーブル
10BSE-T 100m - ツイストペアケーブル(UTPカテゴリ35)
10BASE-F 1000m 2 光ファイバーケーブル(MMF)
100BASE-TX 100m - ツイストペアケーブル(UTPカテゴリ35/STP)
100BASE-FX 412m 2 光ファイバーケーブル(MMF)
100BASE-T4 100m - ツイストペアケーブル(UTPカテゴリ35)
1000BASE-CX 25m - シールドされた銅線
1000BASE-SX 220550m 2 光ファイバーケーブル(MMF)
1000BASE-LX 550m/5000m 2 光ファイバーケーブル(MMF/SMF)
1000BASE-T 100m - ツイストペアケーブル(UTPエンハンスドカテゴリ5)

UTP (Unshielded Twisted Pair Cable : シールドなしツイストペアケーブル)

STP (Shielded Twisted Pair Cable : シールドされたツイストペアケーブル)

MMF (Multi Mode Fiber) : マルチモード光ファイバ

SMF (Single Mode Fiber) : シングルモード光ファイバ

 

  1. イーサネットのフレームフォーマット