読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんえ?なんえ?

記憶の片隅として利用

ネスペ勉強_ループバックアドレス

とは?


自分自身を指す特殊なIPアドレスIPv4は127.0.0.0/8のアドレスブロックをループバックアドレスの範囲として定めている。ホストアドレスとして利用可能な範囲は127.0.0.1~127.255.255.254までである。このアドレスを宛先にしてパケットを送信すると、ローカルホスト内部で折り返され(ループバックされ)、自分自身が受信する。つまり、ループバックアドレス宛てのパケットは、ローカルホストから外部に送信されることがない。

したがって、ループバックアドレスを用いることで、あたかもリモートホストのアプリケーションと通信するかのように、ローカルホスト内のアプリケーションと通信することができる。故に、プライベートアドレス比較でのセキュリティメリットは、外部と通信できない/外部からの不正利用が発生しない、となる。

ホスト名としては、localhostが慣用的に使用され、apache等、ローカルで起動しているサービスの動作確認等で使用する。

IPv6 では

IPv6 においては「::1」(0:0:0:0:0:0:0:1)が使用される。

ループバックインタフェース(loopback interface)

OS 上に構成された特殊なネットワークインタフェースの一つ。自身とのみ通信可能なインタフェースであり、ループバックアドレスが割り当てられている。対応する物理的なNICやLANポートは存在せず、OS上にのみ存在する仮想的なインタフェースである。