読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんえ?なんえ?

記憶の片隅として利用

ネスぺ勉強_VXLAN

ICT

とは


VXLAN(Virtual eXtensible Local Area Network)のこと。RFC7348で2014年8月に標準化。サーバ仮想化やクラウド化によって、データセンターへの集約・大規模環境化が顕著。既存VLAN(4094個/12ビット)では不足、故にVXLANのニーズが発生。

方式


  1. ファブリック SPB,TRILL : 物理ネットワーク機器で実装

  2. オーバーレイ VXLAN,NVGRE,STT : 仮想スイッチ、OS

実装は?


VXLANは、送信側でL2のパケットをUDP/IPでくるみ(encapsulation)、宛先側でencapsulationをほどくことで"L3ネットワーク越え"を実現している。途中の経路にあるスイッチやルータから見ると単なるUDP/IPのパケットとして見えるため、特別な対応を必要とすることなく転送されます。VXLANヘッダーには、24ビットのVNI(VXLAN Network Identifier)が含まれているため、論理的には2の24乗である約1600万のL2ネットワーク分離を提供できる。