読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんえ?なんえ?

記憶の片隅として利用

偉大な発明に学ぶアイデアの作り方

概要

シーズとニーズの両面からアイデアを発掘する。
フローは以下の通り。

  1. それは何のため
  2. それができると何ができる?
  3. そのためには何をする?

正直一度では理解しきれない。実際の生活に落とし込む際は、必要な情報を抜き出し、検証する必要がある。